Calendar 15。

  • 2015.01.04 Sunday
  • 11:16
150104-1.jpg

150104-2.jpg

150104-3.jpg

 

2015年のカレンダーをつくりました。

Visual Identity

  • 2014.10.24 Friday
  • 21:00
141024-1.jpg

141024-2.jpg

141024-3.jpg

 

今さらですが、わたしたち自身のロゴタイプに、

加えてVI(Visual Identity)を追加することとしました。

(いわゆるマークみたいなものです)

ブランドの途中でマークのみを追加するのは

かなり異例なことかも知れませんが、

今後は商品のタグやカードなどに、

このVIを併記していくこともあるかと思います。
 

ちょっとだけ変化するFURICOを、

今後とも、よろしくお願い致します。

Bag 01、ツバメコーヒーさんと。

  • 2014.10.14 Tuesday
  • 20:20
141014-1.jpg

141014-2.jpg

141014-3.jpg

141014-4.jpg
 

わたしたちのBag 01(通称”FURICO Bag“)をベースに

新潟県燕市のツバメコーヒーさんのロゴパターンをのせて。

昨年のターポリン製から、現行のFURICO Bag同様、

今年はテント生地に変更し、

パターンはシルクスクリーンで刷っています。

白地×青プリント、

青地×白プリント、

お好みで。

お取り扱いはツバメコーヒーさんにて。

新潟県燕市吉田2670-1 美容室パリスラヴィサント併設

FURICO Bag 04 “mini”。

  • 2014.10.01 Wednesday
  • 14:22
141001-01.jpg

141001-03.jpg

141001-02.jpg

 

通称 "FURICO Bag” に、ミニができました。
 

FURICO Bag 01 新色。

  • 2014.08.01 Friday
  • 10:13
140801-1.jpg

140801-2.jpg

140801-3.jpg

140801-4.jpg

通称 “FURICO Bag” の新色、レッドとオリーブを

いくつか製作致しました。

 

Raciee

  • 2014.07.24 Thursday
  • 12:58
140724-2.jpg

140724-1.jpg
 

新潟県五泉市にて

無添加で手づくりの石鹸を作られている『Raciee』さん。

(「ラクイー」と読みます)

今後のブランド展開の第一歩として、

まずはロゴタイプをデザインさせていただきました。

「解き放つ。」ということをコンセプトに

水中に放たれ、自由に、伸びやかに揺れる1本のリボンをモチーフにデザイン。

これから、石鹸の包装・ラベルにはじまり、

リーフレットやギフト用パッケージ、ショッピングバッグ等、

トータルでのアートディレクションを担当させていただきます。

そちらも、進行に合わせて少しづつご紹介させていただきますので、お楽しみに。

Art Direction & Design : Ichiro Sekikawa 【FURICO】
 

クロワッサン。

  • 2014.06.17 Tuesday
  • 14:42
140617-1.jpg

140617-2.jpg
 


ターポリン製 文庫本カバーの新柄、その2。

クロワッサン。

淹れたてのコーヒーとクロワッサンの相性が抜群なように、

一冊の文庫本もまた、コーヒーのお供には最適です。

そんな、これまた一発ギャグ的なご提案。

最近の我が家のモーニングは、

もっぱらこの組み合わせです(笑)

檸檬。

  • 2014.06.09 Monday
  • 16:47
140609-1.jpg

140609-2.jpg
 

ターポリン製 文庫本カバーの新柄です。

コンセプトは「置くだけで『檸檬』」。

梶井基次郎の小説に、

書店(丸善)の書棚前に本を積み上げ、一番上にレモンを置き、

そのレモンが爆弾であるという妄想を抱きながら

書店を後にするという作品がありますが、

要は、そのパロディー的(そして一発ギャグ的な)文庫本カバー。

今でもたまに某書店では、

この短編を模したイタズラがあると聞きますが、

実際にレモンを用意せずとも、このカバーさえ持っていれば、

お手持ちの文庫にかけて、その場に置くだけ。

いつでもどこでも『檸檬』の世界を再現できます。

POPで強烈なストライプをバックに。

もちろん爆発はしませんので、ご安心下さい(笑)

FURICO と イカラシ。

  • 2014.06.04 Wednesday
  • 18:21
140604-1.jpg

140604-2.jpg

140604-3.jpg

140604-4.jpg

140604-5.jpg

 

と イカラシさんの作られているポーチ

「あたまを“くるり”とかえす小袋」を基本形として、

わたしたちFURICO好みに仕立てていただきました。

ファスナーもボタンも無く、

上部のかぶせ部分を“くるり”と裏側へかえすことで

開閉できる構造のポーチです。

生地は帆布にパラフィン加工を施した防水仕様。

最初は触った感じかなり硬めの素材なので、

そうなると、“くるり”とかえしづらいわけですが、

使い込んでいくうちに柔らかく馴染んできます。

FURICOバッグのバッグインとして使っていただいても、

もちろん、そのままポーチとして抱えていただいても◎。

あとは、開けた状態で立てて、

卓上の物入れとしてもお使いいただけます。

・・・

※パラフィン加工によって

ある程度の形状記憶性が出ますので、

写真では遊んでみました。

Bag 01、新色。

  • 2014.05.30 Friday
  • 18:37
140530-1.jpg

140530-2.jpg
 

Bag 01、通称 ” FURICOバッグ “

新色のブラック、マスタードです。

今までライトベージュの1色のみだったバッグに、

今回、新潟県三条市のイベント御坊市に合わせて

ブラック、マスタード、スカイブルー、サンドベージュの

4色を新たに製作致しました。

ブラック、マスタードの2色のみアップ致します。

あとのカラーは当日来ていただいた時のお楽しみ、ということで。

とは言え、それぞれほんの数個づつのみの製作となりますので、

もし気になるものがあれば、お早めに。

(今後の製作は未定です)

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM