朝の窓際にて。

  • 2014.02.26 Wednesday
  • 10:02
 

朝、時間に余裕のある時には、窓際で本を読みます。

障子越しに外から入る自然光を、

できる限り書面に当てて手元が明るくなるよう、

いつも、窓(光源)に対しての

自分のベストポジションを探すことから始めるのですが、

そこでひとつ、気づいたことがあります。



140226-1.jpg


 

手元を明るくするのには、二つの方法がありました。

ひとつは、窓(光源)に自らが近寄ること。

そしてもうひとつは、光りに対しての方向、

つまり、自らの身体の向きを変えること。

しかし、いくら窓際に寄っても、
思うように明るくならないことがある一方で、

ちょっと身体の向きを変えるだけで

視界にぐっと光が入ってくることがあります。

これはこれは・・・

窓際での読書だけに言えることではないような気がして、

記しておこうと思いました。

何かを取り入れたい、触れたい、交わりたいとき、

直接そのものに近寄るという手段がある。

もうひとつは、自分の立ち位置を変え、

それによって、その「何か」を招くという方法もあるのではないか?


そんなことに、朝の窓際読書を通して

今さらながらに、気づいたのでした。

ichiro sekikawa  FURICO

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM